• トップ /
  • 永久歯の予防治療を行う歯科

永久歯をトラブルから守るために

永久歯の予防治療を行う歯科

歯科で生えたて永久歯の虫歯予防

歯科というと治療の必要がある時に受診するクリニックというイメージがありますが、最近では予防治療の考え方が浸透してきています。永久歯への生え変わりは、6歳前後に最初の永久歯が生えることからスタートします。この最初の永久歯は六歳臼歯と呼ばれ、大変虫歯になりやすい特徴があります。それは、生えたばかりの歯はとても軟らかいので虫歯の原因菌の出す酸に弱く、また噛み合わせの面に深い溝があってそこにプラークが溜まりやすいという悪条件が重なっているからです。予防歯科では、この最初に生える永久歯の六歳臼歯に対する予防治療に力を入れています。そのひとつに、シーラントの処置があります。シーラントというのは、六歳臼歯の咬合面にある深い溝をあらかじめ樹脂で埋める処置です。シーラントをすることによって、溝にプラークつまり虫歯の原因菌のコロニーが溜まってそこから虫歯が発生するのを防ぐことができます。予防歯科では、シーラントの処置と併せて高濃度のフッ素塗布も勧めています。フッ素には、生えたばかりで酸に対する抵抗性の低い歯の表面の構造を作り換えて酸に対する抵抗力を強める作用があります。このフッ素の作用は生えたての歯に特によく作用するので、予防治療を行う歯科では生え変わりが完了する頃まで定期的なフッ素塗布を勧めています。

↑PAGE TOP