• トップ /
  • 歯肉炎の予防法について

歯肉炎の予防法とは

永久歯が生え揃うまで歯科検診を

歯肉炎予防法についての情報とは

歯肉炎になるとどんな症状が出るのかというと、朝起きたときになんだか口の中がねばついたり、歯磨きをすると歯茎から出血したり、歯茎を触るとぶよぶよしたり、腫れていたりという症状が出ます。歯垢が原因で細菌が繁殖することで起こります。予防としては毎日のブラッシングです。歯肉炎を予防する正しいブラッシング方法は、歯と歯茎に歯ブラシを直角に当てて小刻みに前、後ろに動かします。歯の裏側で直角に当てるんことができないばあいは、45度でも大丈夫です。

↑PAGE TOP