• トップ /
  • 永久歯が生える年齢の歯科検診

永久歯が生える年齢について

永久歯が生える年齢の歯科検診

六歳臼歯が生えたら歯科検診を

生後半年頃になると、一般には前歯から歯の萌出が始まります。そして、その後何年かかかって永久歯への生え変わりが進みます。六歳前後になると、乳歯列の一番後ろに一番最初の永久歯が生えてきます。この歯は萌出する年齢から六歳臼歯と呼ばれていて、噛み合わせの中心となり噛む力も大きい大切な歯です。加えて六歳臼歯には、最も虫歯になりやすいという特徴もあります。それは、乳歯列の一番後ろに生えてくるので気づきにくくまた年齢時に自分では歯磨きが上手にできないこと、歯が生えるのに時間がかかるのでその間歯肉がかぶさってプラークが溜まりがちといった条件が重なってしまうことによります。また生えたての永久歯は表面が軟らかいので、むし歯の原因菌の出す酸に弱いのも理由のひとつになっています。日本でも、最近では虫歯にならないために歯科に通う方が増えています。そしてニーズに合わせ、予防指導に力を入れる歯科も急増中です。予防を重視する歯科では、最初の永久歯が生える年齢の定期検診を特に進めています。六歳臼歯が生える頃に定期検診を受けていれば、最初の永久歯を虫歯にしないように歯磨き指導やフッ素の塗布が更けられます。また予防歯科では、六歳臼歯の深い溝をあらかじめ樹脂で埋めてしまうシーラントの予防処置も行っています。定期検診を受けていれば、適した年齢になった時にシーラントが受けられます。

↑PAGE TOP