• トップ /
  • 永久歯と歯科の関係について

永久歯の生え揃う時期について

永久歯と歯科の関係について

歯科で定期健診を受けましょう

永久歯の生え揃う時期には一般的な目安はありますが、個人差が大きく影響します。そのため永久歯がなかなか生え揃わな場合や、反対に早く乳歯が抜けてしまったことを気にして歯科に相談に来る人もいますが、ある程度の余裕をもって歯の生え変わりを見守ってあげましょう。永久歯は下の歯の前歯から生え始め、すべての歯が生え揃うのは12歳から14歳ごろです。しかし6歳頃にはまた歯の根は完全に完成してはいません。歯や歯の根が成長途中の段階ですので、6歳から9歳にかけては食事の際にしっかり噛むことが大切になります。また、歯科で定期健診を受けて歯を健康に保つのも重要です。この時期に虫歯を放置しておくと、歯だけではなく顎の骨にまで影響を及ぼす可能性があります。歯の生え変わりは個人差があるものの、通常の生え変わりの時期を過ぎても乳歯が抜ける気配が見られない場合や、乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない場合などは、歯科で診察を受けることをおすすめします。ほかにも、乳歯がまだ抜けていないのに、下から永久歯が生えてくることもあります。放っておくと歯の生える方向がおかしくなり、見た目や咬み合わせ、会話や物を噛む機能に問題が起こる可能性があるので早めに歯科で診察を受けましょう。

↑PAGE TOP